予防接種

予防接種についてかわさきこどもクリニック

世界中には、とてもたくさんの感染症が存在します。その多くはワクチンがまだ開発されておらず、有効な手段がありませんが、いくつかの病気ではワクチンによる予防が可能になっています。これを「ワクチンで防げる病気」=「VPD(Vaccine Preventable Diseasesの略)」と言います。かかると治療が難しかったり、命にかかわる合併症がおきる可能性のある病気だからこそ、ワクチンが作られています。

「ワクチンさえ接種していれば」という残念な思いを、小児科医であれば必ず経験しています。だからこそ我々小児科医はワクチンをお勧めするのです。

よくお母さんから「この予防接種はいつまでに受ければよいのですか?」と聞かれることがあります。予防接種はその病気にならないため、あるいは軽くするためのものですから、本来その予防接種が可能になったらできるだけ早く接種して安心な状態を作ることが重要です。

また、効率よくスケジュールを組むために複数のワクチンの同時接種も、世界中で認められたスタンダードな方法です。

当院で実施している予防接種(2016年10月現在)かわさきこどもクリニック

定期接種

  • 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)
  • ジフテリア百日せき破傷風不活化ポリオワクチン(4種混合)
  • 不活化ポリオワクチン
    まもなく生産が中止になりますのでポリオ単独で受けた方はぜひ忘れずに最後まで受けてください。
  • ジフテリア破傷風トキソイド(二種混合)
  • 日本脳炎ワクチン
  • BCG
  • ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型ワクチン)
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • 水痘(みずぼうそう)ワクチン
    予診票をダウンロード
  • B型肝炎ワクチン
    予診票をダウンロード

任意接種

※定期接種と任意接種については日本の法制度上の違いによるもので、その必要性や有用性が大きく違うものではありません。
日本においては行政の対応の遅れが「ワクチンギャップ」として広く知られるようになり、任意接種も積極的にやる方が増えています。

ワクチン同時接種についてかわさきこどもクリニック

以前から法律上医師が認めた場合は複数のワクチンを混合することなく同時に接種することが可能でした。近年ヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンが定期接種化され、さらにロタワクチンなどの任意のワクチンをする方が増えつつある中、効率よく接種していくために、現在では複数ワクチンの同時接種が勧められています。

この方法は日本を除くほとんどの国で問題なく実施されており、安全性の確認されたワクチン接種方法です。
不活化/不活化、不活化/生、生/生、いずれの組み合わせでも有効性に差はなく、副反応も差が見られないと国際的には考えられています。

同時接種は、予防接種の受診回数を減らすことでご家族の負担を減らすとともに、終了までの期間を短縮し、効率よく免疫をお子さんにつけてあげることで、予防できる疾患にかかってしまう危険を早くから減らしてあげることが大事な目的です。

同時接種の意義をご理解いただき、ご検討下さいますようお願いします。

もし、どうしても心配という方は単独接種で始めて安心感がでてきたら同時接種にするのも一つの方法でしょう。

1歳ころまでの予防接種スケジュールの一例かわさきこどもクリニック

赤い文字で書かれているワクチンは、有料です。

  • 生後2ヶ月:Hib①+肺炎球菌①+B型肝炎①+ロタテックorロタリックス①
  • 4週間後=生後3ヶ月:Hib②+肺炎球菌②+B型肝炎②+4種混合①+ロタテックorロタリックス②
  • 4週間後=生後4ヶ月:Hib③+肺炎球菌③+4種混合②+ロタテック③
  • 4週間後=生後5ヶ月:4種混合③+BCG
  • 8週間後=生後7ヶ月:B型肝炎③(①の20週後)
  • 1歳になったらすぐ;Hibの追加+肺炎球菌の追加+麻疹・風疹+水痘
  • 4週間後:おたふく
  • 1歳5~6か月:水痘の追加+4種混合の追加

※ワクチン同士の接種間隔は
不活化ワクチンは、次のワクチンまでに最低1週間あけます。
例:インフルエンザ、ヒブ(Hib)、プレベナー(肺炎球菌ワクチン)、4種混合、3種混合、2種混合、 不活化ポリオ、日本脳炎、B型肝炎
生ワクチンは次のワクチンまでに最低4週間あけます
例:ロタワクチン、BCG、麻疹風疹の混合(MR)、おたふく(ムンプス)、みずぼうそう(水痘)